『Vaundy』の曲調がコロコロ変わりすぎてリスナー間で戦争が勃発しそう

シティポップ
スポンサーリンク

何でもかんでも邦ロックに分類され過ぎている

最近の『邦ロック』ってワード、何でもかんでも詰め込み過ぎじゃないですか?

キュウソやヤバTが好きなコミックバンド勢、SHISHAMOやHump backが好きなガールズバンド勢、SHE’Sやおいしくるメロンパンが好きな草食男子系バンド勢、SuchmosやNulbarichが好きなシティポップ勢。それぞれのファンはなぜだか分からないが、その趣味嗜好が絶対に混じり合わない。同じ邦ロック好きといっても、フェスに行くと間違い無く戦争が勃発して別行動だ。現代の邦ロックというワードにはこれ程の複雑な意義が込められている。もう楽器を持って演奏していてTOKIOじゃなければ邦ロックといったところか。

ちなみに合コンで邦ロックが好きだと名乗ってくる人間を信用しない方が良い。だいたいRADとワンオクと髭男の話を一方的にされて試合終了だ。


今日は、そんな色んなジャンルがおもちゃ箱のように詰め込まれた邦ロックという枠組みの中でも、特に曲幅が広すぎると話題になっているアーティスト『Vaundy』を紹介していきます。


東京フラッシュでバズった人。


東京フラッシュ / Vaundy :MUSIC VIDEO


「あーあのエモいって言われがちな曲を作った最近っぽい人ね」

こちらからすればVaundyの第一印象はそんな感じだった。最近じゃ邦ロックと来たらSuchmos、King gnuからの流れでサイケの入ったシティポップ系の音楽が流行で、その需要に見事にハマってYouTubeで爆発したアーティストといったイメージだ。

この曲が一時期tiktokやらインスタやらの広告で恐ろしい程プッシュされていた。それはもうどこぞの大手レコード会社が入って猛プッシュしているんじゃないかと勘違いする程の推されようだったが、彼はちゃんと個人で活動している。各所SNSを個人の力でジャックするほどの実力を兼ね備えているのが凄い。


新曲が出た。


僕は今日も / Vaundy :MUSIC VIDEO


上のMVはそんな彼の新曲だが、とてもハートフルな感じに仕上がっている。歌詞が切なくてストレートに刺さる。

SuchmosやKing Gnuのシティポップ調の所謂イマドキな音楽というよりは、米津玄師のようなオールマイティーな才能を感じさせる。東京フラッシュまでは「皆好きだし売れそうだ」というどこか他人行儀な感じだったんだけど、この曲を聞いたらそんな盆暗な感想を抱いてしまったことに対して謝らざるを得ない。

正直言って、ああいう一時的にバズった曲は誤解を招きやすい。そりゃこっちも一曲聴いたくらいで「シティポップの人だ」というレッテルを貼っていたのも悪いが、こんな心の奥に響くような歌モノも出来るとは到底想像出来ない。

正に「シティポップの人だ」という誤解を抱いたワタクシのような連中を見事に裏切る切り札のような曲だった。


やり方としては正解に近いんじゃないかと思う。

このご時世、シティポップというジャンルは流行に則っていることもあり何かとバズりやすい。しかし、シティポップを好んで聞く層は一定数しかおらず、10代20代の音楽をファッション的に活用する小洒落た連中だけだ。30代女性が聞いている可能性は1%にも満たないと言ってもいい。

例によって、Suchmosの『Stay Tune』が一人歩きして、その後元のファン層に落ち着いたように、シティポップだけで売れていくにはそもそも限界がある。10代20代の小洒落た連中から外には到底出て行けない。

そういう意味で、そのイメージを先手を打ってぶち壊したVaundyは相当頭が良い。これによって潜在的なターゲット層が一気に広がったと思う。「東京フラッシュの人」と思っていた人達も、今一度Vaundyを聞いて好きになってもらえたらいいなと思います。





▼コチラもどうぞ。
Mega Shinnosukeが知らんうちに凄いことになってるぞ
Lucky Kilimanjaroみたいなバンドはもうこれ以上で売れないで欲しい

タイトルとURLをコピーしました