「え、なんかタイムスリップした?」と思ったら『浪漫革命』を聞いていただけだった

邦ロック
スポンサーリンク

最近は普通に良いバンドで溢れている

YouTubeの自動再生ってマジでいい仕事してないですか?

最終学歴高卒のその辺の地方公務員より絶対いい仕事してる。そもそも僻地の公務員に託される仕事なんて生活保護申請のお断りくらいだ。地元の先輩が連日無職の町民とお喋りさせられてとっくに気をやってる。

そんな有能なYouTubeのやってくれるお仕事なんですけど。正直、最近は良いバンドばっかりで疲れる。「まあ普通に良い曲だね」という感想しか持てない曲ばかり勧めてきやがる。その辺の音楽プロデューサーに吐かれたら一瞬でアーティストが瀕死になりかねないセリフだ。

というかここの所は良いバンドばかり。だから一つ一ついちいち好きになってるわけにいかない。「まあ普通に、いいね」と言って終わりだ。ちなみにこの対応、女友達に彼氏の写真を見せられた時なら絶対に褒め言葉ではないということを肝に銘じておいて欲しい。

そんな中で、最近一つだけ目に留まったバンドが有ります。浪漫革命ってバンド、知ってますか?


とりあえず一曲。


浪漫革命『あんなつぁ』Official MV


朝ドラ感溢れるMV。

オレンジのTシャツに水色のオーバーオールなんて、朝ドラでギリ見たこと有るか無いかというレベルの立ちくらみしそうな配色。MVの女が榮倉奈々の下位互換。

YouTubeの自動再生で色んなバンドの曲が垂れ流しにされてる中で、このバンドだけ生きてる時代が違った。何かの間違いで昭和から令和にタイムスリップした感じ。なんかバレーボウイズとかと仲良いらしいですよ。類は友を呼ぶとは正にこのこと。

遅くなったけど「あんなつぁ」って何だよ。妙に耳に残るからやめろよ。


懐かしさ溢れる、京都。


浪漫革命『青い春』Official MV


イントロのクリーンなギターの音を聞いた時点でもうノックアウト。

andymoriの疾走感にネバヤンの懐メロを足した上で2では割らずにシンプルに7を書けたような曲。こもったクリーンギターの音とか、映像に入るノイズとか、道路の中央を失踪するチャリンコとか、食べかけのカップラーメンとか、全てがマッチしたMV。

このMV、地元の京都の田舎で撮影されてるってのがいいですよね。学生時代の叶わなかった恋とか、バカ話出来る友達とか。映像を見てるとそういうのが自然と思い出されて、聞いたばっかでもなんか懐かしくなってきます。


時代の流れに逆行するバンド

浪漫革命は、現代のシティポップの流行とか、ライブではしゃぎたいだけの邦ロックファンのニーズとかを考えると、その流れに逆行するようなバンドだ。でも、だからこそYouTubeの自動再生で聞き流してはおけないバンドでもある。

紅白に出た髭男もKing Gnuもうちのオカンからすれば「イマドキっぽいね」で一掃されそうなバンドだが、浪漫革命なら一緒に聞ける。リーチ層が広い。ドライブで田舎道を駆け抜ける時にでも流れてきたら、それこそ最高の雰囲気を演出してくれるだろう。





▼コチラもどうぞ。
「andymoriっぽい」って、いつまで言わせるんですか?
世間から断絶して子育てすれば『The Dragers』みたいなバンドが出来ると思う

タイトルとURLをコピーしました