『め組』が未だかつて無くキャッチーになったので問答無用で皆聞け

邦ロック
スポンサーリンク

ロック畑にポップ要素を持ち込まないで下さい。

皆さんポップでキャッチーなロックバンドって好きですか?
私は嫌いです。

東京カランコロンとかOfficial髭男dismとかそういうの。ああいうキラキラしてるの見てると、ディズニーランドでプーさんのアトラクションのために2時間並ぶような畑違い感に見舞われます。アレルギー症状で全身にじんましん出そう、マジで。


自分は間違ってSHE’Sのライブに行った時に、周りの女子達のお行儀が良すぎて発狂しそうでした。エイリアンかと思った、自分。ライブハウスで良い匂いをまき散らすな。

そんなロック畑に間違って存在しているポップでキャッチーなバンド各位、私は問答無用で全部嫌いですが、そんな中で許さざるを得ないバンドが一つだけあります。


とりあえず一曲。


め組「500マイルメートル」MV


これ、『め組』ってバンドが出来たばっかりの時の曲なんですけど、この時はポップっていうよりかなりロック寄りですよね。ボーカルの風貌がえのぴょんにそっくりなのは今は触れないでおきます。


これってもしや…

これってあれなんですよ。

そう、ロック好きな人だったらこの声聞いたことあるってすぐ思い付くと思うんですけど。『さよなら、また今度ね』の後身バンドなんですよ。

さよなら、また今度ね「僕あたしあなた君」【MV】


曲調そっくりだし声が特徴的だし、ピンと来やすい。ほぼ『さよなら、また今度ね』のまんま。良いとこがそのまま残り過ぎてバンド変える必要あったか?って感じです。


それがこうなった


め組「ぼくらの匙加減」MUSIC VIDEO


上の曲から約2年後経ってのこれ。

今流行りの曲っぽくポップでキャッチーなメロディーに乗せて淡い恋心歌っちゃってます。『さよなら、また今度ね』の何言いたいか分かんない感じから一肌脱いでポップ路線に進んで来た感じです。若干残念な路線変更。

イントロでボーカルがグロッケン叩き出す意味分かんないところは好感度高いんですけど、サビの曲調はロックバンドあるあるみたいになっちゃってます。


新曲が出たみたいです。


め組「故愛(ゆえあい)」MUSIC VIDEO



え?めっちゃいい。

ポップでキャッチーな路線に進んでるのは変わってないけど、そこで正解を見つけた感じ。歌詞が等身大過ぎる。「君は死んじゃ行けない」って、人間は息をしているレベルで当たり前のことをわざわざ曲にしてくれるような彼氏最高です。

最後の方に「心をわしゃわしゃし合いたい」っていう若干意味分かんない感じの歌詞が入っているのも、ボーカルの感性が残っててひたすらに良い。


ターゲット層が広くなった感じ

前身バンドの『さよなら、また今度ね』チックな感じって良いんですけど、キワもの過ぎる感じがしてコアなファンしかついてなかったと思うんですよね。だって「輝くサラダ」って曲出してるんですよ。YouTubeでこんな曲名見て聞いてみようかなって思うの、オナニーか音楽聞く以外することない暇人くらいでしょ、普通。

それが今ではRADWIMPSとか髭男とかばっか聞いてる層にも届きやすくなったというか、万人に受け入れやすくなった感じがします。良いか悪いかは知らないけど、背伸びしてウケにいかずにこの感じを出来るバンドはなかなか珍しいんじゃないですかね。何より、未だMVに黒髪ボブの女が出て来ないのが好感度高いです。





▼コチラもどうぞ。
弁解の余地無く全てがandymoriなバンド、東京少年倶楽部
今『Official髭男dism』を好きな人間を見ると、モテテクの一種に見えてムシズが走る

タイトルとURLをコピーしました