Lucky Kilimanjaroみたいなバンドはもうこれ以上で売れないで欲しい

シティポップ
スポンサーリンク

シティポップブームはもうそろ終息してくれ

最近の邦ロックの流行り、シティポップに総なめされてません?

Sucimosとか、King Gnuとか、Tempalayとか、Vaundyとか。

なんていうか、他人の趣味嗜好とか近頃の風潮にイチャモンつけてるとやるせなくなってくるからこういうこと言いたくないんだけど、最近皆ああいうのが好きなんだねって思うと何とも言えない気持ちになる。上手く言えないけど、すぐ浮気する男が聞いてそうな音楽。

別に私は黒歴史に男の浮気という文字がデカデカと乗ってるどこぞのキャバ嬢でもないので、その辺の男が浮気してようがしてなかろうが全然関係無いんですけど。ロックまで皆さんこういうチョイ悪なのが趣味なのね、って思うと世紀末級に悲しくなるんですよね。小学生全員がオヤツにバナナ持ってくるようになった、そういう時代なんだなと。

そんなシティポップのジャンルの中で、またしても売れそうだなーっていうバンドを発見しました。Lucky Kilimanjaroって知ってます?


止まらないリア充感と流行感


Lucky Kilimanjaro「HOUSE」Official Music Video



してやったりました!って感じ。最近の若い子こういうの好きでしょ?って音が言ってる。ベッドで喘いでる女に「気持ち良いの?」って聞く男みたいだな。「自分上手でしょ?」感が凄い。マジで気持ちが悪い。ちなみに女のアレは大体演技だ。

一昨年くらいにKing Gnuを初めて見たときと同じ感想だった。簡単に言うと、非の打ち所がない。嫌いです。メロディー良し、声良し、そんじょそこらのバンドには出せないちょっとしたクセもあるし、何よりメンバー全員の陽キャ感が秀でてる。何を取っても難癖の付けようがないバンド。

どうでもいいけどセカオワハウスの茶番みたいだな、このMV。


完成され過ぎた音楽


Lucky Kilimanjaro「FRESH」Official Music Video



何かもう良い曲過ぎて病気になりそう。頭痛くなってきた。

どこぞのセレクトショップで流れてそうな音楽。セレクトショップで買った柄シャツを着た男がこういう曲をファッション代わりに聞いてるのがマジで嫌いなんですよ、私は。想像しただけでアナフィラキシーショックになりそう。

でも、この人達の何が良いかっていうと誰のこともマネしてないんですよね。もう今なんて空前のシティポップブームのせいでSuchmos、Nulbarichの間にシャッフルで挟まってても誰も気づけないようなバンドがわんさかいる。Tempalayなんて出てきたばっかの時King Gnuの高度なモノマネかと思いました。

そんな中でシティポップともヒップホップともエレクトロともとれない独自性を開拓していってるのがLucky Kilimanjaroだと思うんです。


売れること、不可避。

まあでも多分売れると思う。悔しいけど。売れない理由が無い。その辺のバトルヘッズが聞いてそう。お洒落系DJが夜中2時くらいに満を持してドヤ顔でかけてそうな音楽。

私はこんな出来すぎた音楽じゃなくて、もうちょっと好き嫌いの分かれる赤点ギリ回避野郎みたいな奴らが演奏してる音楽が好きなんですけど。こういう万人が90点付けざるを得ないような曲はきっと上手に売れていくんじゃないですかね。





▼コチラもどうぞ。
『Cody・Lee(李)』ってシティポップの最優秀助演男優賞だよな
Mega Shinnosukeが知らんうちに凄いことになってるぞ

タイトルとURLをコピーしました