聞くだけでお行儀が悪くなりそうなラッパー、LEXはオススメ出来ない。

ヒップホップ
スポンサーリンク

ヒップホップリスナーがワルなワケじゃなくて一部のリスナーのマナーが悪いだけ。

 いつからかワルが聞く音楽というレッテルを張られがちなヒップホップ。ちなみにヒップホップを聞いてる奴がワルなわけではなくて、一部のワルがヒップホップを聞いてるだけです。


 確かに、100m離れてても聞こえんばかりの音量で車内ディスコをおっぱじめる迷惑野郎は大概ヒップホップを聞いている。大麻で捕まったアイツもラッパーだった。だからって、もうヒップホップの全部がダメみたいな顔しないで下さい。一部がダメだったら全部ダメなんて、いつまでジェンガの最終戦みたいなこと言ってるんですか?


 そう訴えたい良識のあるヒップホップリスナーの皆さん。そんな皆さんに絶対オススメ出来ない、聞いているだけでお行儀が悪くなりそうな音楽を発見しました。LEXって知ってますか?


まずは聞いてみて。


LEX – GUESS WHAT? feat. XakiMichele (Music Video)



 ヤバい匂いのする古着屋さんでかかってそうな一曲


 こういう曲がかかってる服屋に行くと、大体理科室でしか見たことがないようなガイコツの模型が置いてあるし、照明は紫を基調としてるし、危険な香りのするお香が焚かれてる。そして、こういう何言ってるか分からない、治安維持法にひっかかりまくりそうな曲がかかってる。服はといえば、黒のダボダボしたジャケットやパンツがラインナップの中心だ。

 なぜか音楽ではなく服屋の話になったが、MV中で安倍晋三と共演してるのがアツい。


何を言いたいのか分からない。


LEX – ALIEN (Music Video)



 圧倒的洋物感。


 時節どういうワケか嗚咽交じりに吐き出されるリリックは、もはや意味を成してない。中身の無い曲選手権とかあれば、匹敵する曲なしで不戦勝確実だ。

 こういうのが流行る時代なら、もう今の若者は何で喜ぶのかてんで分かりません。他のラッパーはお手上げ状態です。


実は苦労人



LEX Documentary「“LEX”」


 LEXのドキュメンタリー。壮絶な過去や音楽を始めたきっかけなどが語られていて必見だ。

「辛いけど頑張ってるんだぜ」みたいなのは、俺はそんなの歌わなくていいかなって思うし、それは自分の中にずっとあればいいと思うんで


 これがLEXの曲の正体だと思う。歌詞に自分の報われなかった境遇を表現したり、煮え切らない自分の思いを歌にするのではなくて、格好いいと思ったものを格好いいと思ったままにやる。「ヒップホップで成り上がる」なんてどうでもいい。言いたいことなんて無い、格好良ければOK。それが、彼の世界観なんだと思います。

そんなLEXの曲の中に、好きなのがある。


LEX – STREET FIGHTER 888 (feat. Only U,Sleet Mage)【OFFICIAL MUSIC VIDEO】



 キャッチーなトラックにポジティブな歌詞を乗せて、ポップに仕上げられた一曲。上の2曲と同じ人が作っているとは思えない二面性を感じさせられます。


 強い信念を持ち、色々な表現方法を兼ね備えたLEX。まだ17歳の彼がこれからどう化けていくのか必見です。




▼コチラもどうぞ。
今最も先進的なラッパー『空音』の垢が抜けすぎて収拾がつかなくなっている
Shoichiroがやる呂布カルマのモノマネってもう限界来てないですか?

タイトルとURLをコピーしました