ヒップホップが好きだって言うのを恥ずかしがるのが、ずっと恥ずかしかった【ヒップホップ入門:第一弾】

ヒップホップ
スポンサーリンク

広辞苑10冊分の厚みを持つ音楽ジャンルを知ってるか

「ヒップホップ好きです」が言えない

「好きな音楽ナニ?」って聞かれて困る人間は、恐らく井上陽水ファンの女子大生か、ヒップホップ好きの陰キャでしょう。運営主も、もれなくこの一員であり、カラオケ専用の皆が知っている曲を、意識して用意するタイプの人間でした。アンダーグラウンド音楽好きにとってのカラオケ勧誘は地獄でしかないです、マジで。


 ヒップホップが好きだって言うと、「え、ヤンキーのやるヤツ?」みたいな相手の反応が返ってくるし、そこでライムだのフローだの解説しても、「え、キミ大丈夫?」という更なる追い打ちを返されることが、容易に想像されます。だから、「好きな音楽ナニ?」に対して 「ヒップホップが好きです」 は、百発五億中で不正解でしょう。

 でも、好きだっていうのが恥ずかしいようなモンだったら、そんな音楽に未来があるはずもないので言っておきたい。ヒップホップって意外と、良いですよと。

ヒップホップに対する社会のイメージ

 まず、コチラをご覧頂きたい。

【ラップ】フリースタイルバトルあるある【ブライアン】


 ヒップホップの分かり易いイメージって、コレだと思います。J-POPばっかり聞いてきた人にとっては、完全に胃もたれでしょう。


 とりあえず目の前の人間なり社会なりをdisるのが、ヒップホップ。他人の曲を引っ張って自由に編集して、好き勝手にリリックを乗っけるのがヒップホップ。


 そういう社会の印象があるから、「分かるヤツだけが聞けば良い」という風潮が、かなりまかり通っています。ベンチャーのビジネスマンが、「先月ジョインした、まだアーリーの企業ですが、来月は新サービスをローンチします」とか言ってるのと一緒。本当に面白いことをやってんなら、分かるヤツ意外にもやってることを伝えないと、もったいないという話。


 だからもう、ヒップホップが好きな人間は、「分かるヤツだけが聞けば良い」とか言うの、やめましょう。「にわかが。」とか言うのも、もっとやめましょう。どんだけアナタがヒップホップ界隈における知識人なのか知りませんが、ヒップホップ好きを公言している時点で知識人ヅラするのが日本社会的にナンセンスなので。

 とにかく、こんなに面白い音楽は、もっとたくさんの人間が聞かないともったいない。ビジネスマンも、「先月起業したばっかりの新しい会社に関わり始めましたが、来月には新しいサービスを始める予定です」と言えばちゃんと伝わるんです。ヒップホップの面白さを、伝えられない訳がないんです。

ヒップホップを楽しむためのハードル

「ヒップホップを定義しろ」と言われると界隈の方々は恐らく『生き様』と答えると思います。こんなことを言うと30代ビジネスマンが「しゃらくせえ!」と食いかかってくるのですが、あまりにも人によってスタイルが違い過ぎてそれ以外の表現方法がナイです。

 つまり何が言いたいかっていうと、ヒップホップは片手間に聞いて楽しめる音楽ではないんですよね。


例えば最近有名なコレなんかが典型。

革命 MOROHA


 勉強しながらこれを聞ける人間がいたら、その人北朝鮮のミサイルが落ちても勉強してると思います。そもそもビート重視でメロディーの少ない音楽をBGMにしようと思う方が気がチガっています。だからヒップホップっていうのはJ-POPや邦ロックと同列なんじゃなくて、本や映画と同列に並ぶものです。耳で楽しむものじゃなくて、脳で楽しむものなんです。

 つまり、ヒップホップは「リリックを聞いてなんぼ」の音楽なんですけど、顔面偏差値で曲の良さが測られるこのご時世、音楽に対してそれをしてくれる人間って、まあーーー少ないですね。

結局、聞いて欲しいだけ

 ヒップホップって諸々の理由で、あり得ないくらいの偏見を持たれているから、「なんであんなにcoolでhotな音楽聞かないんだーーい?」なんて語り始めた暁には、誰も見向きもしてくれなくなります。ヒップホップについて何も知らない人の前で喋る時は、「乃木坂好き!」と言ってるそこのアナタの5億%くらい謙虚にいかないと喋れません。

 それでもやっぱり、喋りたいんです。運営主はアイドル好きの人間を見てると、ガリガリ君で当たりを出すために10本買ってきやがった地元の友人に重なるんです。「それ、完全に商法にハマっとるやん」と。ダマしている方とダマされている方はそれでハッピーなんですけど、傍から見てると、お節介が極まって、「いや、もうちょっと面白いものと向き合おうぜ」と言ってやりたくなるんです。


 2017年に始まった凱旋MCバトルっていうMCバトルのデッカいイベントがあるんですけど、その主催者の『怨念JAP』というMCが今年の最後に語ったスピーチを載っけておきます。これが、今の日本のヒップホップの立ち位置です。

いかがだっただろうか

 実はこの記事のタイトルも、MOROHAの歌詞から引っ張ったものでした。初見で気付いていた方は、もう相当のヒップホップ好きか、熱心なMOROHAファンだと思います。


 次の記事は、『「ラップなんて聞けるか!」という思想を一瞬で改革する2つの動画【ヒップホップ入門:第二弾】』です。ご覧下さい。

タイトルとURLをコピーしました