「andymoriっぽい」って、いつまで言わせるんですか?

邦ロック
スポンサーリンク

次世代andymori選手権を開催致します。


 5年前にandymori好きだった層って今どんなの聞いてるんですかね?


 それにしても、andymoriの解散ってもう5年前?自分がこんなに老化してるなんて驚きです。5年ってアレですよ。小学1年生が6年生になってて、オリンピックが既に2度行われてて、新婚さんが少なくとも1回は離婚を考える年月ですよ?それでも尚色褪せない、andymori。


 さて、今回『次世代andymori選手権』を試みるに至ったワケなんですけど、未だにインディーズバンド界隈で、「andymoriっぽい」という感想が後を絶たないんですよ。5年経った今でも。さすがに聞き飽きて来ました、このレッテル貼り。


 未だジャンル化されない、俗に言うandymoriっぽさ。コレをどっかのバンドが引き継いで欲しいんです。いつまでこのジャンルでandymoriを殿堂入りさせるつもりなんですか?

ベンガルトラとウィスキー ~ everything is my guitar


 今回は、誰の許可も取らずに勝手に5バンドを選出しました。他にandymoriっぽいバンドを嗅ぎつけている方がいれば、直ぐさまクソリプをよこして下さい。

ムノーノ=モーゼス


ムノーノ=モーゼス – シーブリーズ(MUSIC VIDEO)


 このMV、マジで『夢見るバンドワゴン』のそれ。ギターのカッティングと音作りは『THE シティポップ』って感じなんですけど、疾走感がモロandymoriです。

「ラッタッタラーナーラータラノォオウ」っていう意味不明な歌詞をサビの頭に持ってくるバンド初めて見ました。こういう、大人が言ってたら羞恥心しか感じないことを全力で叫べるのも、俗に言うandymoriっぽさでしょう。

SUNNY CAR WASH


SUNNY CAR WASH – キルミー


 昨年、「andymoriの再来」と口を酸っぱくして言われ続けたバンドです。マジでみんな、口が酸化してたと思う。さすがに最近はあまり言われなくなりましたね。

 そもそも、3ピースのセミアコ使いなんて狙ってやってるとしか思えない。ボーカルの、ハイトーンボイスをギリ出せる声変わりが終わってないくらいのあどけなさも、そう謳われる所以でしょう。

東京少年倶楽部


東京少年倶楽部 – 1998【Music Video】


『1998』っていう曲名も、サビの頭に「革命」を持ってきているのも、andymori臭がプンプンします。


 けど、この歌詞ですよ。この歌詞には全くandymoriっぽさを感じないんですよね。

革命を覚えたのは
みんなが嘘をつき投げ散らかした恐怖を
整理する人が殺されかけた時だ


 正味、andymoriはこんなに行間読ませる歌詞書かないと思います。コイツらは、何かもうちょっとこじらせてる感じがします。

The Songbards


The Songbards – 雨に唄えば (Official Video)


 2分半で、旧andymoriファンを一斉に吸引するバンド。正直この曲、4人分の音の厚みが全くないんですけど、その未完成感がくすぶってるインディーズ心を呼び覚まします。


 てか、何でみんなこんなカオ爽やかなんですかね。誰一人として『えのぴょん感』がないじゃん。好感度高いです。

ハシダヒロヤ


ハシダヒロヤ – アイマイミー / 最終前夜(LIVE MV)


 コイツは、この記事に入るべきではない。


 似てるのは、顔の傾き具合と、歌唱力を置き去りに全力疾走する勢いだけです。

 正直、あんまり似てるとか言えないです。このハシダヒロヤの歌からは、世間とか大っ嫌いなんだろうなっていうのが詞から溢れ出ていて、怒りを包み隠さず歌にしていて、音楽以外で救いようがない抑えきれない人間味が最高です。

andymoriっぽいとは。

 andymoriっぽいって、結局「なんかよく分からんけどバカが楽しそうなことやってるバンド感」なんじゃないですかね。

 似てるって言われてるバンド、大体結成したてのインディーズだし。そういう『若者にしか出せないナニか』を「andymoriっぽさ」だとするなら、解散も、そうなって然るべきだったのかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました