2020年これだけは押さえておけ!ガールズバンドランキングTOP3!

邦ロック
スポンサーリンク

2020年のガールズバンドは一体全体どうなんだい?!

ガールズバンドのブーム、Hump back、リーガルリリー、ずっと真夜中でいいのに、CHAI、yonigeから更新されてないのはどこのどいつですか?というか、この並びに『ずっと真夜中でいいのに』を含めたのは誰?完全にお門違いじゃないですか?あれをバンドって言うヤツは許さん。今すぐ国外追放だ。

そんなわけで2019年はガールズバンドブームだったわけなんですけど、2020年はどうなんですかね。

当方はあいみょんをギリ聞けたレベルの人間なので女が歌を歌ってるのが基本的に嫌いなんですけど、今回は溢れ出さんばかりの吐しゃ物を喉元でグっと堪えながら女の歌をYouTubeで聞きまくりました。何が豆柴の大群だ。そして必死の形相でYouTubeを駆け巡ること小一時間、ついに自分でも好きと言えるガールズバンドをいくつか発見したので紹介していきます。


3位 TETORA


TETORA – 今日くらいは Offical Live Music Video-



声どうした?


何とも言えないハスキーボイス。中二でどう間違ったか声変わりでも起きて、ホルモン歌いまくって都合良く掠れる声でも手に入れたんですかね。良い味出してる。

Hump backが好きな人達には刺さりそうな音源。なんか全体的に不器用なんですけど、この不完全で丁度良いように思える何とも言えないインディーズ感。最後の「わかれよ」が「分かれよ」か「別れよ」か分かんない感じが歌詞にも凝ってるのが垣間見えてアツいです。

そしてビジュアルが可愛い。結婚して下さい。


2位 東京初期衝動


東京初期衝動 – ロックン・ロール(MV)


え、女?


イントロから勢いが凄すぎる。銀杏boysバリのパンクサウンドに乗せて、サビで繰り出される女とは思えない程の叫び。

ボーカルの椎名ちゃん上下赤ジャージ着てますよ。ロックのこと体育か何かと勘違いしてるんですかね。このパンク感と神聖かまってちゃんにも及ぶかのようなキチガイ感。これが東京初期衝動です。


1位 ヤユヨ


ヤユヨ「さよなら前夜」MV



良すぎて何も言えない、マジで。


ラジオから流れてきて欲しいレトロなサウンドに、艶っぽいボーカルの昭和感。

近年の、男は女々しく女は力強くのバンド界の風潮を一気に塗り替えて、シティポップというとも歌謡曲ともつかないロックサウンドで魅了する、他のガールズバンドから一線を画した高飛車なバンド。

女子からは憧れの的てきな存在として好まれそうだし、男にはこの色っぽい魅力がたまらないだろう。

ブレイクする理由を探すよりもしない理由を探す方が難しい。これが売れないなら何がうれるのかもう私にはてんで分かりません。


いかがだっただろうか。

「2020 バンド ランキング」とかで検索すると得体の知れない身勝手なランキングがわんさかと出てきますけど、ガールズバンドのところにミオヤマザキとか書いてあって大困惑しました。勘弁して下さい。

バズリズムのランキングはと言えば、『26時のマスカレイド』とかがランクインしているのを目撃して激しめの吐き気を催しました。高度な冗談。ロックとアイドルをごちゃまぜのランキングにするな。見にくいから。

そんなこんなで、もうガールズバンドに関してはこのランキングだけを信用して下さい。





▼コチラもどうぞ。
「andymoriっぽい」って、いつまで言わせるんですか?
『鈴木実貴子ズ』みたいなバンドが売れないなら日本人の音楽の価値は衰退し切っている

タイトルとURLをコピーしました